ビーグレン!ニキビに対し効果が出るまではどれくらいの期間?

 

ニキビにも効果が期待できると言われているビーグレンですが、その効果が実際に肌に現れるまでにはどれくらいの期間が必要なのでしょうか?


 

 

ニキビやニキビ跡にビーグレンの効果がでるまでの期間は?

 

 

 

効果がでるまでの期間の口コミをチェック

 

多くの口コミからすれば、「利用しはじめて1週間程度から効き目が現れ始めた」と言われる人が多いみたいです。

 

 

ニキビが目立ってきたので自分で利用してみたところ、1週間程度でニキビが良くなりだしたのを感じるようになりました。それ以降はだんだんと改善してきているようです。今1カ月使ってますが、ニキビ跡もだんだん目立たなくなってきました。

さすがにニキビ跡がきれいになるにはまだまだ時間がかかるようですが、できていたニキビは1週間ほどでキレイになってきました。他のニキビケア用品にくらべても、効き目が早いのではないかと感じます。もちもち美白肌なんて私には夢でしたがなんか欲がでてきちゃいました。

 

感じ方は人によりまちまちだと思われますが、いくぶん早く効果が見られるといった感想をもつ方が多いみたいですね。

 

 

軽いニキビの場合は

白ニキビや黒ニキビといった軽いニキビは、使い始めて3日目程度で好転している方が多いようです。化粧による肌へのダメージを抑えることや、毛穴汚れをきちっと取り除くことで毛穴づまりを良くする事が可能です。
この効果があらわれるのは早く、軽いニキビの場合3日くらいたったタイミングで改善効果を感じる事が可能です。また、自分の症状に合わせたセットを使うことで、自分の肌に必要としているな成分をしっかりととることが可能です。

 

ニキビ用のセットを利用すればニキビが治りやすくできにくいコンディションを維持することができますのでおすすめです。

 

 

シミやニキビ跡は1ヶ月程経過してから

ビーグレンの効果が出るまでにかかる期間は、シミやニキビ跡の場合は使い始めて1ヶ月程度経過した頃からです。シミやニキビ跡を良くするには、肌のターンオーバー(新陳代謝)を経ることが必要です。肌のターンオーバーは普通28日サイクルなため、早い方でも約1ヶ月は必要となります。乱れたターンオーバーを正常化するためには時間がかかってしまうため多少の個人差がでてしまいます、。ビーグレンをの効果が出るまでの期間は目安は、使用開始1ヶ月を過ぎた頃から徐々に変化を感じることができます。

 

目安として1ヶ月と考えておくとよいでしょう。この頃からシミやニキビ跡が目立たなくなったと感じている人がたくさんいます。ターンオーバーを正常化し古い細胞から新しい細胞へ生まれ変わることで、少しずつ目立ちなくなってきます。このターンオーバーの正常化の際に色素沈着なども改善していきます

 

また、使い始めて2ヶ月目から効き目をはっきりと感じる可能性が高く、ここまでは我慢してケアを続けることがおすすめです。ターンオーバーが正常化してからが本当のケアタイムになると考えてください。

 

私の場合

 

私の場合はボコボコのニキビ肌。ここまで跡が酷いと、トライアルセットでは今一つ効果が得られませんでした。それでも、小さいクレーターは早めに目立たなくなりましたしニキビができてしまっていた場所は跡が全くのこらないまま治りました。肌のハリも出てきたようでつるつるもちもち感がでてきたので、トライアルセット自体はとても自分に合っていたのだと思います。ただ、もとからあった酷いニキビ跡はすぐにはきれいに目立たなくはなりませんでした。酷いニキビ跡が改善してきたと感じたのは1カ月と10日をすぎた頃でした。

私は小さいクレーターが目立たなくなってきたことで、トライアルキットの効果があると判断したので最低でも数カ月は使ってみようと思い今でも継続して使用してます。


 

 

 

トライアルキットが使える期間は?

 

トライアルキットの使用日数は7日分です。効果があるか無いか確認するのにはギリギリの期間です。本来トライアルキットは肌に合うかどうかをテストするためで効果を見るわけではないそうですが、どうせなら効くか効かないかを見定めたいですよね。

 

私を含め多くの方が1週間でなんらかの効果がみられているようですから、もしトライアルキットを試すのであれば、ぜひ小さな変化を見落とさないように、小さなニキビやニキビ跡をチェックして使ってみてほしいです。

 

ビーグレンの効果って?

 

ビーグレンはアメリカの医療界で著名な浸透技術のパイオニア、ブライアン・ケラーが作り出したスキンケアだそうです。ビーグレンのなかで最も重要なのが、QuSomeR(キューソーム)という独自の浸透テクノロジーです。

このQuSomeR(キューソーム)は、本来、薬を肌の奥の方までしみこませるために活用されていた医療方法です。QuSomeR(キューソーム)粒子のサイズは直径70〜150ナノメートルで、これは、針の先に約50個がのっかるほどの小ささだということです。

 

ビーグレンのスキンケアの中には、何十億個ものQuSomeR(キューソーム)カプセルが含まれています。そのため、肌の角質層至るまで有効成分とともに浸透し、症状のある場所でしっかりとどまって、色々なケアを試みることができるのです。この小さい微粒子が肌の奥深くまで浸透するというのがビーグレンの本質となっています。

 

 

 

QuSomeR(キューソーム)のアドバンテージを具体的に整理すると次の4つとなります。

肌になじみやすく複数の効果を同時に発揮す

水溶性と油溶性の成分を代わる代わる重ねているので、必要な美容成分を複数同時に届けることができ、複数の効果を同時に発揮します。

 

肌を刺激せず安定的に効力を発揮する

美容成分を超微小カプセルに封じることで、肌を刺激せず安定的に効果成分を届けることができます。

 

必要な場所に深く浸透し確実に届く

 

非常に小さく、皮脂に近い成分でできた極小カプセルで包み込んでいるので、本来なら浸透しにくい成分も角層の奥深くまで届けることができます。

 

必要な場所でしっかり留まるので、効果が持続する

 

何層にも重ねるように配合された成分を少しづつ必要な場所で放出していく「スローリリース機能」が継続的な効果を実現します。

 

 

 

 

つまり「必要な成分を、必要な場所に深く届け、少しづつ成分を放出すること」ができるQuSomeR(キューソーム)の方法を活用したスキンケアが、ビーグレンの特徴となるのです。

しかし、効果はわかるけど、海外輸入物ちょっと苦手……という方もいるかと思います。それに、いかに効果があるものでも万人に同じように合うとも限りません。
そこで、ビーグレンでは1週間分のトライアルセットを用意してくれています。


 

 

 

ビーグレンのトライアルセットは4段階

 

ビーグレンのニキビケアの効果や相性を試せるのが、4段階のトライアルセットです。

 

「ニキビケア」と言われると、余分な皮脂をとり除いて、「毛穴をきれいにする」「アクネ菌を除菌する」ケアを想像する方も多いですが、それだけではニキビは治りにくく、他のトラブルになる可能性もあります。重要なことは、皮脂をとりすぎることなく、必要な潤いはしっかり確保して、余分な皮脂や汚れだけを抑えるケアです。さらに、炎症を抑えることも重要です。

 

ビーグレンの「ニキビケア」の内容は@クレイウォッシュAクレイローションBCセラムCモイスチャーゲルクリームの4となっています。

 

汚れを落とす:1段階目 【クレイウォッシュ】

微粒子の天然クレイ「モンモリロナイト」を用いた吸着洗顔料。「モンモリトナイト」は、肌の汚れや古い角質、酸化した皮脂を吸着して落としてくれます。
まず、濡らした手に少量とって、両手を合わせて軽くなじませませたあと、顔全体をやさしくマッサージするように汚れを吸着させます。そのあとは洗顔料が残らないように洗い流します。泡洗顔料のように泡立てなくても大丈夫です。

 

クレイウォッシュは落とすもの残すものを見極めてなめらかに洗い上げる吸着洗顔というふれこみです。
必要なうるおいまで取り除かず肌にダメージを与えないので、敏感肌にも使えるんです。また、軽いメイクなら、2度洗いすればで落ちてくれます。
洗顔後は、汚れが落ちてすっきりした感じがしますが、肌がつっぱることもなく、うるおいたっぷりなのが実感できます。

 

炎症を抑える:2段階目 【クレイローション】

「抗炎症」と「保護」の効果が期待できる、肌にソフトな化粧水です。「グリチルリチン酸ジカリウム」がニキビの炎症を抑えて腫れや化膿を改善、天然クレイ「モンモリロナイト」が肌のバリアとなって、刺激から守ってくれます。

 

うるおいのひと膜でやさしくいやす薬用化粧水というキャッチフレーズでにきびや肌荒れで化粧品に刺激を感じてしまう方へむけてつくられてます。

 

手にとると、とろみのあるやわらかなテクスチャです。直径3pくらいをだして、手のひらでなじませてから、顔全体をにやさしくいきわたらせます。目もとや口もとなどはは、指で押し込むようになじませていきます。

 

使ってみて驚くのは、浸透する感覚です。とろみがあってなじむのに時間をとられると思いましたが、あっという間に肌がしっとり潤ってくるのを実感できます。

整える:3段階目 【Cセラム】

ニキビだけに限らず、様々な肌のトラブルに効果が期待できる高濃度のビタミンC美容液。ニキビ跡や毛穴、シミ、しわ、たるみなど、代表的な肌トラブルを解決してくれる頼れる1本。やわらかめなピーリング効果もあって、古い角質を排除しや毛穴を正常に整えます。

 

頼りになる素早い手応え。肌力を呼び覚ますビタミンC美容液で常に良好な肌コンディションを保ちたい方へむけてつくられています。

 

このCセラムを肌にのせるとほんのりとあたたかく感じてきます。しっかりと浸透している感覚が温感として感じるそうです。

 

直径2pほど出して、両手で軽くなじませ、顔全体を包み込むようにそっといきわたらせます。最初はオイルのようにべたつく感じがありますが、しだいになじみ、肌がしっとりうるおいます。ニキビにしみることもないです。

 

ベタつきがどうしても気になるようでしたら、ティッシュでそっと肌表面を抑えても大丈夫です。

 

守る:4段階目 【モイスチャーゲルクリーム】

うるおいの連鎖を巻き起こす保湿ゲル。一日中乾燥しないうるおいを提供してくれます。

 

アクアタイド、アリスチンなどと言った4種類の有効成分を配合した独自技術の複合成分「QuSomeRハイドレーションコンプレックス」が特徴となる保湿ゲル。角質の深層に浸透し、肌が本来持っている「水分を自らつくりだす力とその水分を蓄える力」を正常にしていきます。慢性化した乾きのスパイラルに終止符を打てるゲルクリームです。

 

 

 

ゲルという名のとおり、乳白色でぷるっとしたクリーム。適量をを手のひらにだして、額、あご、両頬、鼻の5箇所にのばしてきます。この時、、顔の内側から外側に向かってのばしてください。。最後に顔全体をやさしく包み、押し込むように浸透させます。

 

ライトな使用感なのに、肌が奥からたっぷりと潤ってくるのがわかりますので、乾燥シーズンにも活躍します。潤いを長時間維持できるので、様々な場面、オールシーズンに頼れるクリームです。

 

 

 

 

 

この4段階のケアで、すでにできてしまったニキビと新しくできそうになっているニキビの両方に作用し、ニキビができにくい肌をつくりあげてくれます。

この「ニキビケア」は、ほとんどの肌質の人が安心して使用できます。かゆみ、赤み、発疹などがみられなければ、肌に合っていると考えて継続使用して大丈夫です。
開封後は、高温多湿、直射日光を避けて保管するのが基本です。冷蔵庫が使えれば冷蔵庫に入れても良いでしょう。開封後3カ月以内に使い切るのが目安です。


 

 

 

ビーグレンを購入できるサイトはこちら!

 

このビーグレンは公式サイトで購入するのが断然おすすめです
Amazonや楽天でも検索に引っかかることもありますが、これら転売業者等によるもので保証やサポート、返金保証などで不安が大きくなります。また、公式サイトよりも高額になる場合が多いです。

 

公式サイトなら、まず送料無料!365日の返金保証もありますから肌に合わなかった場合も安心。どんなに良いものでも100%の方の肌質に合うとは限らないので、こうした制度があると安心ですよね。
ビーグレンを購入する場合は、公式サイト一択ですよ。

 

 

↓ビーグレン公式サイトはこちらです↓
ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen